コンテンツ一覧

場所に応じた防音設備を

防音室

工事業者選びのポイント

楽器の演奏を日常的に行う人など、大きな音を出すことが多い場合は防音室の設置を考えるのも一つの手です。賃貸住宅では難しいですが、持ち家であれば一戸建てでもマンションでも基本的に防音室の設置は可能です。ですが、設置するときは場所や環境により条件や業者の選び方が変わってくる点に注意が必要です。一戸建てと一口に言っても、隣家との距離など周辺環境は家ごとに異なります。当然隣家との距離が近い場合はより防音設備をしっかりさせる必要があります。マンションの場合はより慎重に防音室を作らねばなりません。マンションは一戸建てよりも音が伝わりやすく、騒音が発生しやすくなっています。さらに高層マンションになると、軽量化のために壁が薄くなっていることも多く、しっかりとした防音室にする必要があります。また、演奏する楽器によっても注意が必要です。ドラムなどの振動をともなう楽器の場合、音だけでなく振動も伝わってしまいます。そのため、防音だけでなく防振設備も必要となります。工事業者を探すときは、防音への知識があるかだけでなく、建築技術もしっかりあるか確認しましょう。防音室を作るには防音の知識と建築の知識、技術も必要です。両方あるかは過去の実績や創業実績を確認するとある程度確認できます。あとは実際に見積もりや設計をとって比較検討するとよいでしょう。騒音被害はご近所付き合いに大きく関係してくるので、費用だけでなく信頼できるかを確認するのが大切です。

Copyright© 2018 防音の申し込み【安心して手続きできちゃう】 All Rights Reserved.