コンテンツ一覧

資産価値も上がる防音設計

リフォーム

防音対策は大切

「防音室」と聞くとつい最近まではピアノやドラムなどの楽器を演奏する方向けに普及していた、というイメージですが、近年は「ホームシアター用に」という理由で設置する人も増えてきました。ホームシアターによって家庭でも映画館のように映像を楽しめるようになり、ホームシアターにこだわる方も増えてきたのが実情です。しかし、通常のテレビより音量が大きい為、騒音トラブルの原因になったり、高い費用をかけて防音室を設置したにも関わらず満足いかない場合もあります。防音室を設置するメリットの一つとして、部屋の防音ができていれば、日中はもちろん、夜中でも大音量で映像が楽しめるので、ストレスなく映像の世界に入り込むことができます。防音室を設置した方が気を付けたポイントが、音や振動が外部へ漏れないようにすること。そして、反射音によって音質を悪くする音質障害が出ないようにすること。その為に内装を吸音構造にしたり、吸音パネルを取り付けたりして、改善する人もいます。また、一般住宅との差別化ができるので、資産価値が下がりにくくなるというメリットもあります。特にマンションなどの集合住宅は近年、騒音問題が3大トラブルの一つと言われています。オールフローリングの床が定番になっているので、安心・快適という意味では資産価値が大きく上がるポイントの一つとなっています。もちろん、昔からのようにピアノなどの楽器を持ち込む人にとっても、音質を下げないメリットになっています。

Copyright© 2018 防音の申し込み【安心して手続きできちゃう】 All Rights Reserved.