コンテンツ一覧

場所に応じた防音設備を

防音室

防音室は持ち家であれば一戸建て、マンション問わず作れることが多いのですが、マンションの方が慎重な防音設備が必要となります。楽器の種類でも設備の重要度は変わります。工事業者を選ぶときは過去の実績を確認して選びましょう。

詳しく見る

工事も様々なタイプがある

作業員

予算と好みに合うタイプを

防音工事とひとことに言っても、その方法や程度には様々なものがあります。防音パネルや防音シートを壁面や天井に張り付けるだけの簡易なものから、本格的に壁面だけでなく建物の床下や天井裏まで遮音材を使用しての工事を行うものまで、費用も所要期間も相当な開きがありますので、好みに合ったタイプの工事を行うことが大切です。最も簡単で安価なのが防音パネルや防音シートを張り付けるもので、DIYを得意とする方であれば業者を使わなくともできてしまうタイプの工事です。ただし、もともと完成していた部屋に素材を張り付けることで壁や天井にはデコボコができてしまい、音楽を鑑賞する目的で使用する上では音響を損なってしまうおそれがあることが弱点となります。最も手が込んだ工事となるのが、遮音材を建物自体に組み込んでしまう工事を行う方法です。壁や床下、天井裏などを公示することになるため、実質的には建物のリフォームと言って良い規模の工事となり、期間も費用もかさみますが、音響効果まで考慮した上での防音室が作れるため、音楽鑑賞にこだわりのある方にはおすすめできます。その他、ユニットルームを住居の一室に運び込み、組み立てるだけで防音室が完成するタイプもあります。期間が短くて済みますが、運び込む先の部屋に合ったサイズのユニットルームの規格がなければできませんし、合うサイズでも多少のデッドスペースが生じてしまうことが避けられない点で部屋は狭くなってしまいます。また、遮音材を組み込んだパネルで壁、床、天井を覆うことで防音室を作るタイプの工事もあります。部屋の形に合わせて作る分、期間は掛かりますが、どんな部屋でも作業可能です。

自由にできる部屋を

リフォーム工事

防音工事を業者に依頼することで、自由に楽器を演奏したり騒いだり、自由にできる部屋を手に入れることが出来ます。自分でやると不安や失敗が多くありますが、業者に依頼すればただ音を抑えるだけでなく、その目的に合わせて室内の音響も最適に保つことができるのでとても魅力的です。

詳しく見る

トラブルの原因

女性

騒音トラブルは非常に多く近隣のクレームが発生しないためには、実績とノウハウのある会社で防音工事を行うことです。防音工事はカラオケボックスや録音スタジオなどだけでなく、一般家庭でも楽器を使ったりペットを飼っているなら行うことが大事です。

詳しく見る

資産価値も上がる防音設計

リフォーム

防音室の需要はピアノやドラムなどの楽器から、近年はホームシアターなどにニーズが変化してきました。しっかり防音室の対策を取ることによって、映像や音楽を近隣に迷惑をかけずに楽しむだけでなく、より良い音響効果も期待できます。

詳しく見る

実績重視で選ぼう

男性

防音工事をするからには専門業者に頼みましょう。その際、費用や実績などを確認した上で依頼することをお勧めします。特に希望どおりに施工してくれる業者ではないと依頼する意味がありません。口コミも参考にして選びましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 防音の申し込み【安心して手続きできちゃう】 All Rights Reserved.